2011年6月21日火曜日

社会というものは…

どこに行っても、
やさしい人、意地悪な人…いろんな人がいます。

どこに行っても、
「いい人」ばかりではありません。

嫌な人がいるからといって、別な場所に逃げても、
その場所にも、やはり別な嫌な人がいます。

社会とは、そういうものです。
逃げてばかりで、同じ繰り返しをしてはいけません。

どうしてもいたくない場所に、無理している必要はありませんが、
社会とは、そんなものだと気づく必要があります。
現状が好ましくないのであれば、
他者に何かを求めてはいけないと、気づく必要があります。

環境を変えるのは、自分自身を変えることでしかないのです。
しあわせになりたいなら、そのしあわせを与えてくれるのは、自分自身なのです。