2011年6月15日水曜日

どんな状況にあっても、
「人生を楽しむ」人は、楽しむことを考えます。

経済的に羽振りがいい時に買った車、ベンツ。
年月が流れ、経済的な状況が変わり、
ベンツを手放さなければならなくなりました。
それでも日々の生活には、
車は必需品であったため、中古の軽四を格安で手に入れました。
手に入れた軽四はかなり古かったのでミッションの車、ラッキー!
若い頃、アマチュアレーサーとして走っていた頃の、記憶が蘇る!

たぶん、オートマチック車だったら、わからなかったカンカク。

軽四かかもーしれないけど、
ギアチェンジする度に、「あのカンカク」がなつかしい…。

たぶん、彼は車から、かつての運転技術に意識が向いたのだと思うけど、
どんな車かということではなく、
その車をどう運転するかという視点に変わったのかもしれないが、
「運転するその時」を楽しむことに没頭することで、
今の自分の人生を楽しむことを、満喫しているわけです。

何をどう捉えるかで、楽しい人生になるかどうか…というだけのことです。

高級車…物質として金銭的に価値があるかどうかということは、
たいしたもんだいではありません。