2011年6月12日日曜日

怒りについて

いつも怒ってばかりいる人がいます。

「怒り」の感情は、突き詰めていけば、
ほとんどは、「自分の思い通りにならない」から、込み上げてくる感情です。

例えば、親が子どもに、
「なぜ、言うことをきかないの?」
「なぜ、してはいけないと言うことばかりするの?」
これは、自分の思い通りに子どもが動いてくれないから、怒りが込み上げてくるんですよね!?

そもそも、
「他者は、自分の思い通りにはならない」のです。
考えてみてください。自分すら、思い通りにならないこともあるのに、
自分以外の誰かを思い通りにするなんて、できないのです。

その辺りに視点を移して考えでみましょう。
「自分の思い通りにしない」ことが、
結果、「自分の思い通りになる」ということがわかってきます。